築50年の我が家…リフォームか建て替えか悩んで出した結果は?

 

住み慣れた我が家でも築50年以上経過すると、至るところにほころびが出始めます。

 

そろそろこの家も寿命かな?とか思いつつ、いざ行動に移そうとしても次に立ちはだかる悩みが!

 

そう。それは、リフォームするのか?建て替えるのか?という迷い・です・・

 

我が家がこの迷いに対して出した答えが

リフォーム

でした。

 

なぜ築50以上の家を建て替えではなくリフォームにしたのか?

 

その経緯も含めお話していきますので、「築50年経ってるけどリフォームか建て替え」でお悩みのあなたに是非とも参考になればと思います。

 

築50年の我が家|リフォームか建て替えか悩んで出した結果

築50年の我が家…リフォームか建て替えか悩んで出した結果は?

 

先程もお話した通り、築50年以上経った我が家をどうしたものか?と悩んだ末に出した結果は「リフォーム」でした。

 

最初にいちばん大切なことをお伝えしますが、

 

「リフォームは返って高くつくから建て替えてしまった方がいい!」

 

よく聞くフレーズだと思いますが、この言葉、まったくのデタラメです。

 

家の建て替えは何も新築にかかる費用だけに収まりません。

 

今の家を解体する費用。もちろん今ある基礎も解体しすべてがゴミになります。

 

そうすると大量の粗大ごみ撤去費用がかかります。

 

もはや壊すだけでも数百万円という費用がかかるのです。

 

でもリフォームであれば、その数百万円で大事な箇所をメンテナンスしてしまえます。

 

築50経過で劣化した箇所

「築50年」以上経つと、家はどれほど傷んでくるのか?我が家のその時の実態をお話しておきます。

 

基本的には、

雨漏りがひどい

風呂がすぐ壊れる

外壁が劣化

というものでした。

 

特に悩まされたのが「雨漏り」です。

 

これは正直、築40年近くになった頃から出始めたものですが、放っておくほどにその”漏れ”は広がり、築50年を迎えた頃には「雨が振る=雨漏り」という構図になってしまいました。

 

昔は大雨の時しか雨漏りはしなかったんですが・・。

 

建て替えは巨大地震がきてからでも遅くない

とはいえ雨漏りは、別に「生死」に直結するものではありません。

 

ですので、雨が漏れている場所にバケツを置いておけば済む話です。

 

それよりも怖いのは、いつくるかわからない「巨大地震」・・

 

日本は昔から「地震大国」といわれ、昨今の巨大地震発生地を見ても、もはや「いつ」「どこ」で未曾有の地震が起きるかわかりません。

 

この先30年以内での巨大地震発生率は90%超えと政府が発表。

 

そうした大地震では、残念ながら最近建てられた新築一軒家であっても、たくさん半壊や倒壊してしまっています。

 

結構知られていない事かもしれませんが、周りからみて大地震によるダメージを受けていないように見える家でも、「半壊」や「全壊」の認定を受けている家は多く、これの意味するところは「もうsその家には住めない」ということです。

 

イメージしてみて頂きたいのですが、

 

築50年経つあなたの家を新築に建て替えたとしましょう。

 

建て替えてからほどなく、、あなたの済む地域で未曾有の巨大地震が起きました。

 

建てたばかりの家は基礎が崩れ、その結果、家が傾き「半壊」認定を受けます。

 

一般的に「半壊」認定を受けると地震保険に入っていても、受け取れる保険金は微々たるものです。

 

これだとまた新しい家を建てるのも無理ですし、大型リフォームをしたら莫大なお金がかかります・・

 

借金にまた借金を重ねる。そんな人生に一変してしまう可能性があるのです。

 

こうしたことから、巨大地震が来る前の建て替えは金銭的に大きなリスクを背負うことになりかねません。

 

本当の敵は他にいた・・

であれば何もしないという選択肢もあるのでは?

 

そう考える方もいると思います。

 

そうです。建て替えもリフォームもお金がかかる。

 

でもすでに我が家は築50年が経っているので、最終的に壊れて本当に住めなくなったら考えようと。

 

私も当初はそうした考えを持っていました。

 

ですが、広島で起きた豪雨災害を見て、その考えは一変します。

 

これまで舐めていた「雨」ひとつで、あんなに甚大な被害を受けることがあるんだと・・

 

リフォームで守られた我が家

築50年の我が家…リフォームか建て替えか悩んで出した結果は?
あの広島で起きた豪雨災害を受けて、我が家はすぐにリフォームの手配をしました。

 

手直しした箇所はたくさんありましたが、まずはこの雨漏りをどうにかして豪雨災害に備えるためです。

 

そうして、屋根だけ完璧に新しくなった築50年の我が家。

 

ここで、まさかのドンピシャのタイミングで我が家の土地にも「豪雨」がきたのです!

 

特に我が家がある地域はこの豪雨での被害が大きく、老朽化した家々が立ち並ぶ中、近隣の多くの家が雨漏りによる浸水を受け、もうそこでは生活できななくなってしまいました。

 

一方、我が家は奇跡的に雨漏りによる浸水はなく、その後も自宅に暮らし続けることができたのです。

 

もしあの時、広島の豪雨を見てリフォームしてしなかったら、今頃私はどうなっていたのでしょうか・・

 

リフォーム|お役立ち情報

築50年の我が家…リフォームか建て替えか悩んで出した結果は?

 

築50年ときくと、いつ倒壊してもおかしくなのではないかと思われることが多いですが、そこで暮らしている私たち自身が、あまりそんなことを感じていません。

 

家はそう簡単に崩れ去ったりしないですからね。

 

だからこそ、本当に必要な箇所をリフォームで直しておくことで、もっともっと住み続けることが出来るわけです。

 

とはいえ、リフォームはまず業者を探すのが手間です。というかどうやって何社も業者を見つけたらいいのか私は最初悩みました。

 

そんな時に見つけたのが、1回の現地調査で5社ものリフォーム会社から「見積もり」をもらえるサービスです。

 

私がリフォームをした際にはかなり重宝しました。

 

【特徴】

1回の現地調査で5社の相見積もりがとれる

業者を見つける手間やそれぞれの業者との日程調整などのわずらわしさを削減できる

業者とのやり取りは専用窓口がやってくれるので辺に気を使わなくていい

 

ちなみに、見積もりを取るだけなら全て無料です。

 

おわりに

「備えあれば患いなし」とはよく言いますが、我が家がまさしくそのパターンでした。

 

きちんとやるべきメンテナンスをしてあげれば、築50年でもまだまだ家は活躍してくれます。

 

無駄にお金をかけて新築にして、すぐに巨大地震に見舞われえてしまえばお金も家も全てがパーです。

 

いつの時代もお金は大事。

 

かしこい選択で、直せるとこだけ直していきましょう。

 

1度の訪問で最大5社の見積り比較!リフォーム無料一括見積り

更新履歴